超絶美人にナンパして華々しく散った19歳の自分から今学べること

こんにちは、toruです。

 

今回は、私が19歳の頃に

勇気を出してナンパをした時の話ですw

 

心折られた。というか

どうしようもなかった。

 

自分のメンタルの弱さを思い知った出来事です。

 

でも、

ナンパをしたという実体験から、

いろいろ学べることがあったな。

と振り返って思いました。

 

要は

何事も食わず嫌いは良くないな。と。

経験こそがモノを言うなぁ。と。

 

早速詳しく話していきます。

 

19歳の頃なので、

私が引きこもりになる約1年前くらいの話です。

 

当時は、高卒で働き始めて2年目。

 

野球も本格的にやってた時期だったので、

まだ拗らせるような人間ではなかったです。

 

なので、高校の野球部の仲間と1回。

幼馴染と1回。

その年の夏には海に遊びにいきました。

 

男2人で海に行く。

 

夏は海に行かなきゃでしょ。的な感じだったので

一緒に遊ぶ延長に海にいった感じです。

 

何をするとか、あんまり目的はありませんでした。

 

でもそこは

大人の階段を上り盛りの年頃。

 

「せっかく海に来たんだから、

経験はしてみたいよな!」

 

2回ともナンパをするに至ったわけです。

 

1回目は野球部の仲間と2人でナンパ。

場所は鎌倉の由比ヶ浜。

 

人前では良い顔したがり。

でも内心超ビビリな2人。

 

「どっちが先に声かける??」

「お前先行ってくれたら、めっちゃ援護するから!」

 

お前がいけ。とお互いに押し付け合う。

かなりのチキン同士w

 

で結局私が最初に突撃する役に。

 

で、どうやって声かけようか…?

俺の話に耳を傾けてくれるのだろうか…?

 

ちょっとした若気の至り間のワクワク感と

めちゃめちゃ破裂しそうな緊張感と。

 

精神状態も不安定な状況まま

ふと辺りに目を向ける。

 

すると。。。

 

なななんと!

 

海の家のベンチに、

1人で座ってかき氷を食べてる

同世代に見える女性がいるではないですか!!

 

しかもかなり美人さん。

 

「ゴクリ…」

 

「あ。。あ。あのー」

 

「もし1人なら、あ、あのー

よければ隣で一緒に話でもできたらー…」

 

本当にこんな感じ。

 

ものすごくタドタドしかったんですが、

 

なななななななんと。

その女性がすんなりOKしてくれたんです!

 

でも、そこからどんな感じで話を切り出したのか、

正直、全然覚えてません。

 

緊張しすぎて、声をかけた後から、

ある程度会話が弾むまでの記憶がないんですw

 

ただ、記憶が戻って来てからは、

その女性も野球がすごく好きだったようで、

野球ネタで盛り上がってました。

 

ちなみに、一緒に行った野球部の仲間のことは

どうすれば良いかわからなくなってましたw

 

女性1人なのに、男が2人で。ってのは

なんか圧力感強くなりそう…。

 

でも、一緒にナンパしようって行った手前、

読んで和の中に入れないとマズイかも…

 

どうもできず、ただその女性と

野球の話をし続けている。という感じ。

 

友達よ、マジでごめんな…。

 

で、結構話が盛り上がって来たのですが、

いきなりその女性が

 

「あー…そろそろ行こうかなぁー」

 

「この後16時から、あっちの江ノ島の方で、

セーリングサークルに行かなきゃなんだよね」

 

せ?

せーりんぐ???

 

当時の私は、セーリングを知りませんでした。

 

なんとか知ってる風にその場をかわし、

必死にペースを取り戻そうと話を続ける。

 

すると、みるみるうちに

その女性の真相が明らかになってきたんです。

 

・名だたる芸能人や政治家が通っていた超有名大学

・しかも、そのミスコン選出

・モデル

 

なんか…

とんでもない人に声をかけてしまった感。

 

こっちは工場でちまちま作業してる19歳。

セーリングって言葉をその日初めて知った男。

 

こ、これが格差社会ってやつか…

 

と、まぁそんな風に自分で思い込んでしまい、

以降まともに会話ができなくなりました。

 

もちろん連絡先も聞けてませんw

 

今振り返れば、

そもそもの声をかける勇気はあった。

 

でも、自分と相手の環境の違いに

勝手に差を感じてしまった。

 

だから、それ以降

込み入った話ができなくなっていった。

 

連絡先を聞けばよかった…

 

踏み込んでも、NOと言われたと思う。

 

でも、何もしなければチャンスはゼロだ。

 

結果論としてだから。

今だからこそ言えるのかもしれない。

 

ただ、その時何かアクションを起こすことで

違った結果、変化を起こすことができていたかもしれない。

 

それに、そこで踏み込んで話ができていたら

度胸も相当鍛えられただろう。

 

もしその時、1歩を踏み出してたら…

今の自分も、もう少しメンタルが強くなっていたのでは…。

 

なんてことも、ないとは言い切れない。

 

でも、ナンパをした。ということだけでも

私にとってはすごいチャレンジができたな。

という風にも今になっては思います。

 

実際にやってみたからこそ、

こうして具体的な過程の内容も

私の話のネタになってます。

 

女性目線で考えたら

ナンパなんて…。と思う人も

確かにいるかもしれません。

 

ただ、実際にやってみて思うのは、

 

初対面の人に声をかける。

しかも異性に。

 

それを歯を磨くのと同じようなレベルで

当たり前のようにできてしまう人は

めちゃくちゃすごいことをしているな。と。

 

かなりの度胸があると思います。

 

それに、ナンパって、

自分のプライドを捨てなきゃいけない。

ってことも感じました。

 

「俺はそんなことしなくても…」

とか頭よぎる考えを捨てなきゃ

いきなり声かけられないんです。

 

プライドを捨て、

当たり前のように

初対面の異性に

しかもいきなり声をかけられる。

 

それができる人って、かなり強いな。と。

 

で、

今回はナンパの話をしてますけど、

これって、人生レベルでも

通じることが多々あると思うんですね。

 

ナンパなんてダサい。と言って、

自分では実際にやったことがない。

 

こういう人は多いと思います。

 

それと同じ。

 

例えば、

「正社員を辞めて独立するのは、危険だからやめろ」

と、1つの会社でしか働いたことがない人が言う。

 

「あいつはどうせ、裏で悪いことやって稼いでるんだよ」

と、実際に見てもいないのに、決めつけて文句を言う。

 

私も以前、

別のメディアで作った動画を

初めてyoutubeにアップした時、

数名に誹謗・文句を言われました。

 

その人のアカウントを見てみると、

何も動画なんて作った形跡もない。

 

チャレンジしてない人が

チャレンジする人を潰す。

 

出る杭を叩きまくる。

 

世の中全体を見回してみると、

そんなことが、

すごく多いと思うんですよね。

 

私は、

 

周りにつべこべ文句を言って、

ネガティブな空気を振りまく力があるんだから、

その力で、まずは自分でやってみようよ。

 

って思うんです。

 

自分でまずやってみる。

 

目で見て、

耳で聞いて

肌で感じて、

 

経験するからこそ、初めて気づくこと。

 

見える世界や、やった人にしか

わからない感覚があるからこそ

その人の力になる。

 

自分の言葉で人に伝えられる。

 

自分の人生に対しても

新たな視点から考えられる。

 

人として強くなる。

 

人として魅力が増す。

 

人としてカッコよくなる。

 

そういうものだと思うんです。

 

だから、人にあーだこーだ言う前に、

まず自分で動いてみよう!

経験してみよう!

 

ありきたりな言葉ですけど、

「何事もやってみないとわからない!」

本当にコレ!

 

経験こそがモノを言うと

私は思うんです。

 

何もしないで

口だけ人間になるのはナシ!

 

食わず嫌い。食わず文句。は

今日で辞め!

 

私も、もっともっと

経験値を増やしていかないと!!!!

 

ってことで、今回は

私がナンパの経験から学んだこと。

 

文句言う前に、まず動こうぜ!

と言った感じの話でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、toru(トール)です。

メンタルを専門として発信をしています。

以前は、不登校や引きこもりのカウンセリングをしていました。

 
現在では、カウンセリングだけでなく、

別のジャンルでもメディアを運営したり

ビジネスとしての経験を基にして

コンサルなども行っています。

 
と言っても、元々は自分に自信がなく

周りの目を気にしては、人に合わせてばかり。

 
自分はもっとできる人間なんだ。と思ってるだけ。
 
でも、失敗したり傷つきたくないから

表には出さず、自分の中だけで仮面のプライドを保とうとする。

こんな風に、いかにもダサい人間だったんです。
一時は引きこもりも経験し

どん底の日々を過ごしました。

 
でも、そんなダメダメな私でも、

人生を変えていくことができました。

 
なぜか?

 
「自立のマインドこそが人生を変える鍵なんだ」

とわかったからです。

 
今では、自分で自分の人生を変えていけるんだ!と

本気で思える自信を手にしています。

 
元々のメンタルの強さ?

そんなもんありません。

 
改めてですけど、私は元引きこもりです。

俺の人生終わりだ…と20歳の頃思ってました。

 
でも、そんなどん底のダメ人間でも間違いなく、

人生はみるみる変えていけます。

 
そこで、私がどのようにして自立マインドを手に入れ

自信を掴み、人生を変えてきたのか?


私が得てきた知識・経験を

是非一緒に分かち合えたらと思い

無料メルマガを、この度用意しました!


ブログでは語っていない

私のこれまでの人生を全てつぎ込んだ

プロフィールレポートや

メルマガ参加者限定の会員サイトなど

特別なプレゼントも用意しています!

 
詳細はこちらをクリック!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー