「NHKをぶっ壊す!」立花孝志さんから学ぶ批判に対する考え方

こんにちは、toruです。

 

今回は、先日の参院選で当選された

「NHKから国民を守る党」の代表。

立花孝志さんの話から、

 

「批判を気にしないための考え方」

 

について話していきたいと思います。

 

周りの目を気にしたり、

失敗を恐れたりする人にとって

批判が気にならなくなるって

 

・自分の本音で決断や行動ができる

・自分の人生を生きてるって実感が持てる

・自分に対しての責任感が育まれる

 

と、1度しかない人生を

思いっきり満喫できるようになる。

 

これほど嬉しいことはないと思います。

 

私も、批判を恐れる人間でしたので、

 

「自分の人生を、自分でコントロールできてる実感」

 

みたいなものが感じられるって

すごく充実感があるんですよね。

 

そこで、今回たまたま見ていた

立花孝志さんの政見放送から

すごくいい気づきを得られました。

 

紹介していこうと思います。

 

「NHKをぶっ壊す!」立花孝志さんは清々しいほどハッキリと言っていた

 

もし立花さんの放送を

まだ見てない人は

まず、この動画を見てみてください。

 

※笑い注意。

 

 

いやー、

久しぶりに政界の話で

面白いものが見れました

 

「NHKをぶっ壊す!」

「みなさんも一緒に、NHKをぶっ壊す!」

 

これまでの政界では

見たことがないような

バラエティに富んだ放送ですね。

 

NHKのスタジオ内にいるのに

 

「スタジオにいるみなさんも一緒に〜

NHKをぶっ壊す!

…やるわけないですね」

 

よく公の場でこれほどまでに

思い切った発言ができるなー。と。

 

ただ、言ってる内容は

「確かに」って思うこと言ってます。

 

私も、テレビは全く見ないので

最近のNHKの番組も見ません。

 

今回立花さんの動画を知ったのも

Youtubeからです。

 

それでも、私のように

テレビを全く見ない人。

 

NHKの放送なんて興味ない。

 

って人まで

お金を払わなければならない。

 

おかしな話ですよね。

 

だから、

 

・NHKの放送が必要のない人は

放送をストップする分、支払いもなし。

 

契約した人だけが視聴できるシステム

=スクランブル放送を

NHKもやればいい。

 

と立花さんは主張してます。

 

その主張が、本人が強調してるように

「庶民」の目線で、共感を集めた。

 

その結果、先日の衆院選で

当選したんだと思います。

 

で、この立花さんの主張

 

「NHKをぶっ壊す!」

 

この政見放送の内容が、

今回のテーマでもある

 

「批判を気にしないための考え方」

 

について

すごく良いヒントがあったんです。

 

「NHKをぶっ壊す!」NHKへの批判も具体的な解決策があるから聞き入れられる

 

「NHKから国民を守る党」

代表の立花孝志さんの主張は、

ただ単に

 

「NHK放送が必要ない人まで金を取る?

ふざけんなよ!」

 

と主張してるわけではありません。

 

NHK放送が必要な人、

必要ない人。

 

それぞれの人がどうすれば良いのか?

=スクランブル放送をNHKも取り入れる

 

と、ただ文句を言うだけ。

批判だけでなく、

具体的な解決策の提示もしています。

 

だから、見てる側の

私たちも納得して

「この人に投票しよう!」

と、気持ちが動いたんだと思うんです。

 

もしこれが、ただ批判するだけ。

 

「NHKの集金?ふざけるなよ!」

 

だけの主張だったら、

私たちも

 

「その主張、わかるんだけどさぁ。

じゃあ具体的にどうすればいいのよ?」

 

って疑問が残る。

 

となると、「この人!!」

って信頼が持てないですよね。

 

だから、批判だけの人の話は

共感は得られても、

「この人についていこう!」

とは思わないんですよ。

 

批判、文句を言うだけの人はシカトしていい

 

「NHKをぶっ壊す!」

 

と発言した立花さんの、

具体的な解決策を提示した

主張や批判。

 

その内容からは、

私たちの普段の生活の中でも

学べることがあります。

 

それは、

 

ただ批判する。

ただ文句を言うだけの人は、

自分の鬱憤を晴らしたいだけ。

 

ということ。

 

例えば、職場の上司なんか特にそうです。

 

・あれこれグチグチ指摘してくる

・感情的に怒ってくる

・意味のわからない指示をしてくる

 

こういう人は、基本的に

相手のことなんか考えてません。

 

言いたいだけ。

なんですよね。

 

上司だって機械じゃありません。

人間です。

 

完璧ではないってことです。

 

だから、ストレスが溜まったり

感情的になったりする時もあるでしょう。

 

でも、その抑えきれない思いを

発散するために、部下に指摘する。

 

発散するために、批判をするのは、

全くもってお門違いです。

 

それは、部下のためではなく自分のため。

 

自分の心に

溜まったもののはけ口として、

部下を利用しているだけ。

 

だから、そんな奴の話は

ハッキリ言ってシカトでOKなんですよ。

 

もし仮に話の中に

 

具体的な解決策の提示がある話か?

意図が理解できるような指摘か?

 

これらが含まれている内容であれば

素直に聞いて、取り入れればいいんです。

 

批判してくる人が変わってくれるわけじゃない

 

ただ単に、批判や文句ばかりを

言ってくる人に対して

私は思います。

 

「お前が俺の代わりにやってくれるのかよ!!」

 

って。

 

私も、今の職場で

ネチネチ指摘ばかりしてくる社員がいます。

 

そいつは、指摘する。

文句を言う割に、

 

何を?

どのように?

どれくらい?

 

って具体策を、全くと言っていいほど

説明できないんです。

 

「toruさん、もっとちゃんとやってください」

→ちゃんとやってないと思ってんの?ってか何を?

 

「もう少し考えてください」

→何も考えてないと思ってんの?ってか何を?

 

「それは慣れるしかない」

→じゃあお前から教わる必要なくね?

 

で、具体性のない批判や

文句ばかり言ったとしても

そいつが私の代わりに働くわけじゃないです。

 

私の仕事ですから、

私がやるしかないんですよ結局。

 

そりゃ働く以上、

給料をもらう以上

最低限の仕事はやろうと思ってます。

 

周りの社員さんに

余計な手を煩わせないように

って考えてます。

 

それなのに、

具体的な話もなく、

文句のような指摘をただするだけ。

 

ってか指摘というより、ただの文句。

 

しかもそれが「教育」だ。

 

とまで言うんですから。

 

困ったもんですわ…

 

こんな人間が上司なら

仕事に対するモチベーションが

下がるのも当然です。

 

だから、私は

この社員の言うことは

ほぼシカトするようにしました。

 

表向きはちゃんと返事しますよw

 

でも右から左へ受け流してます。

 

具体性のない批判や文句を聞き流した結果

 

ただ批判や文句を言いたいだけの社員。

 

こいつの話を聞き流して以降、

以前の自分とは別人のように

落ち着いて仕事できるようになりました。

 

焦って焦って

覚えたこともできなかったのに、

着々とこなせるようになってます。

 

具体的な方法を

言ってる時だけ聞き、

ただ文句を言ってる時は

返事だけしてスルー。

 

必要以上のストレスもないし、

無駄に自分を責めることもありません。

 

仕事の時間が、

すごく気が楽になりました。

 

もともとは先々のことを考えて、

目的を持って、

今の職場を選びました。

 

仕事以外のプライベートの時間も

ブログを書いたり、

勉強する計画を立ててます。

 

以前、仕事でのストレスが

溜まってた時期は

計画もグダグダだったんです。

 

それも、批判を気にしすぎて

余計なストレスを抱えてたからでした。

 

聞き流すようにしてからは

そのストレスからも解放されました。

 

プライベートの時間も

集中して作業したりできてます。

 

ようやく自分が、

本来「こうしたい!」って

思って決断してきたこと、

行動ができてる感じです。

 

今は、他人の批判を気にしすぎて

振り回されてた感はありません。

 

自分で自分の生活。

 

もっと言えば、

人生をコントロールできるように

なってきてます。

 

なので、今回の話をまとめると

 

・具体的な解決策などない

批判や文句は聞く必要がない

 

・具体策のない文句や批判を言う人は

ただ言いたいだけ。

相手のためなんか考えてない。

 

実際言われた瞬間は

反射的に「ウッ…」と

思うことはあると思います。

 

でも、その時に

今回の内容を思い出すこと。

 

で、聞く必要なければ

スルーする。と決めてしまう。

 

この考え方はすごく大事だと

身をもって実感しました。

 

ってことで今回は、

「NHKから国民を守る党」の代表。

 

立花孝志さんの話をもとに

 

「批判を気にしないための考え方」

 

について話しました。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、toru(トール)です。

メンタルを専門として発信をしています。

以前は、不登校や引きこもりのカウンセリングをしていました。

 
現在では、カウンセリングだけでなく、

別のジャンルでもメディアを運営したり

ビジネスとしての経験を基にして

コンサルなども行っています。

 
と言っても、元々は自分に自信がなく

周りの目を気にしては、人に合わせてばかり。

 
自分はもっとできる人間なんだ。と思ってるだけ。
 
でも、失敗したり傷つきたくないから

表には出さず、自分の中だけで仮面のプライドを保とうとする。

こんな風に、いかにもダサい人間だったんです。
一時は引きこもりも経験し

どん底の日々を過ごしました。

 
でも、そんなダメダメな私でも、

人生を変えていくことができました。

 
なぜか?

 
「自立のマインドこそが人生を変える鍵なんだ」

とわかったからです。

 
今では、自分で自分の人生を変えていけるんだ!と

本気で思える自信を手にしています。

 
元々のメンタルの強さ?

そんなもんありません。

 
改めてですけど、私は元引きこもりです。

俺の人生終わりだ…と20歳の頃思ってました。

 
でも、そんなどん底のダメ人間でも間違いなく、

人生はみるみる変えていけます。

 
そこで、私がどのようにして自立マインドを手に入れ

自信を掴み、人生を変えてきたのか?


私が得てきた知識・経験を

是非一緒に分かち合えたらと思い

無料メルマガを、この度用意しました!


ブログでは語っていない

私のこれまでの人生を全てつぎ込んだ

プロフィールレポートや

メルマガ参加者限定の会員サイトなど

特別なプレゼントも用意しています!

 
詳細はこちらをクリック!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー